食物繊維を偏って摂取することで便通が悪化する可能性も

食物繊維を偏って摂取することで便通が悪化する可能性も

おなかがすっきりしない日が続いた場合、食物繊維をとればお通じが良くなると聞いたことがある人も多くいると思います。

 

実はこれには隠されたもう1つの真実があったのです。

 

そもそも食物繊維とはなんなのでしょうか。食物繊維とは人間の消化酵素では分解できない成分で便としてそのまま排出される物質です。その為、食物繊維を多く摂取することで便の量が増したり、大腸の蠕動運動を促進したりする効果を発揮し便秘が解消されると言われてきました。

 

しかし、そんな食物繊維には2種類種類があるのです。1つ目は、水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維とはその名の通り水に溶ける性質の食物繊維です。その為、腸内でドロドロのゲル状になり腸内の有害物質を吸着して排出するという作用があります。

 

もう1つは、不溶性の食物繊維です。こちらもその名の通り、水に溶けないタイプの食物繊維です。こちらは、腸内に入ると水を吸収して膨らみます。それにより腸を刺激し、蠕動運動を活発にする作用があります。その為、少食の為に便秘になりがちな人には効果がある成分とされています。

 

一見、それぞれ利点がありそうですが偏って摂取することで便通が悪化する可能性もあります。

 

例えば不溶性食物繊維ばかりを摂取すると便が固まってしまい、便秘がさらに深刻になる場合があります。そのような事態を防ぐ為には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を1:2の割合で摂取するのが効果的と言われています。

 

それでは実際に、2種類の食物繊維はそれぞれどんな食べ物に含まれているのかを調べてみましょう。

 

まず水溶性食物繊維は、ひじきやワカメといった海藻類、バナナ、リンゴの果物、ゴボウ、アボカド、オクラと言った野菜に多く含まれています。一方、不溶性食物繊維は、インゲン豆や大豆といった豆類、エリンギや干しシイタケといったキノコ類にも多く含まれています。なかなかバランス良く摂取するのは難しいですが、便通で悩んでいる人は、少しの間だけでも気にして摂取してみればきっと効果は出るはずです。