オリゴ糖は虫歯予防にもおすすめの糖分

オリゴ糖は虫歯予防にもおすすめの糖分

 

オリゴ糖が虫歯予防にも効果があると言う事を知っていますか?

 

オリゴ糖は、糖分の一種です。

 

糖分というと虫歯になってしまいそうですが、実は砂糖に比べて虫歯になりにくいのです。虫歯が出来てしまう原因は、虫歯菌が関係しています。

 

口内にある糖を虫歯菌が分解する時に酸が発生して、その酸が歯を溶かしてしまい、虫歯になってしまうのです。

 

しかし、オリゴ糖と呼ばれる糖には酸が含まれていません。ということは、分解される時に酸が発生しないのです。酸が発生しないと言う事は、歯も溶かされません。

 

従って、オリゴ糖は虫歯になりにくいのです。

 

オリゴ糖の中でも特に虫歯予防に効果があるのが、キシロオリゴ糖というものです。キシロオリゴ糖は糖アルコールと呼ばれ、虫歯予防によく使われています。キシロオリゴ糖が含まれているのは、タケノコやトウモロコシです。

 

ただ、食物からとるには、かなり難しく本当に少量しか含まれていません。ほとんどのものが人工的に作られているようです。

 

ガムやハミガキに含まれる清涼感ある甘さは、キシロオリゴ糖特有の物です。オリゴ糖成分配合のガムは、よく目にする事があると思います。

 

甘いものは食べたいけど、虫歯にはなりたくないですよね。砂糖をオリゴ糖に切り替えるだけで、虫歯も出来にくくなります。ただ、オリゴ糖をとる時に、他の物も一緒に食べると思うので、歯磨きだけは怠らないようにして下さい。

 

いくら、オリゴ糖をとっていると言っても、他の糖から酸は発生してしまいます。

 

また、オリゴ糖は天然の成分から出来ているので、赤ちゃんや妊婦さんにもおすすめです。歯磨きが出来ない赤ちゃんや妊婦さんは虫歯になりやすいので、オリゴ糖なら安心して摂る事ができると思います。

 

腸内環境を整えるだけでなく、虫歯予防効果もあるオリゴ糖、低カロリーなのでダイエットにも効果があります。今では特定保健用食品としても認められているので、健康や美容が気になる人も含め、ぜひ利用してみるといいでしょう。